施設代表医(旧称:指導医)

※ 施設名および所在地等、変更が生じた場合は速やかにCVIT事務局へ変更届をお送りください。

【重要なお知らせ:指導医の名称が「施設代表医」に変わります】

2014年度更新分より、「指導医」は「施設代表医」へと名称が変更になります。

今年度が更新年度の施設

通常通り更新申請書類をご送付ください。専門医認定医制度審議会にて更新が承認となりましたら、施設代表医の「委嘱状」を施設認定証と一緒にお送り致します。

来年度が更新年度の施設

「委嘱状」発行の為に必要な手続きはございません。
2014年3月下旬頃より、施設代表医の「委嘱状」を送付致しますので、現在ご保管頂いている「指導医証」と差し替えをお願い致します。

  • ※ この委嘱状には現在の認定期間がそのまま記載されます。よって来年度の更新は行って頂く必要がございますのでご注意ください。

定義

専門医または名誉専門医の中から選ばれ、1教育施設につき1名委嘱される。

日本専門医認定機構が定める専門医養成規約に則り、研修施設または研修関連施設(以下教育施設)に於いて、本学会が定める専門医養成カリキュラムの履修を指導し、専門医試験受験申請に際してはカリキュラムの修了を保証し、また教育施設の更新申請を行う医師。

施設代表医の認定基準・更新・再認定

  • 専門医または名誉専門医が複数名所属する教育施設に於いては、互選にて選出される。
  • 指導医または名誉専門医が1名のみ所属する教育施設に於いては、その者が施設代表医となる。
  • 施設代表医の称号は、医師個人に与えられるのではなく、教育施設に所属している限り有効となる。
  • * 施設代表医は、2年毎の教育施設の更新手続きの際に同時に更新される。