当学会について

CVITの目的

心血管疾患患者に対する有効かつ安全なカテーテル治療の開発と発展、及び臨床研究の推進とその成果の普及をもって、診断治療技術の向上と学術文化の発展に資することにより、心血管疾患の予後改善の責務を広く社会に果たすことを目的とする。(定款第3条より)

CVITの設立までの流れ

1985年に「第一回、日本冠動脈形成術研究会」が開催された。これが、今日の「日本心血管インターベンション治療学会(CVIT)」の嚆矢である。発起人は小倉記念病院の延吉正清医師であった。この研究会は当初から内容を詳細に研究会誌にまとめ発表公開し、インターベンションの技術・知識の普及に貢献した。

この研究会は、1992年に「日本心血管インターベンション学会(JSIC)」へと発展した。この学会は学会誌の発行に加え、認定医制度を導入した。

一方でインターベンション治療に対する理念の相違から、2001年に「日本心血管カテーテル治療学会(JACCT)」が設立された。この学会もまた学会誌の発行に加え、実技試験を伴う専門医制度を導入した。両学会は、ともに年次集会を開催し技術・知識の普及に貢献した。以下に両学会の歴代の理事長を示す。

同じベクトルを持つ両学会が並立することは競い合う相乗の一方で、人材・時間・費用を分散する相剋も伴った。ここに両学会は2009年7月に統合し「日本心血管インターベンション治療学会(CVIT)」の誕生に至った。

(文責:CVIT広報委員長 中川義久)

日本心血管インターベンション学会
歴代理事長
日本心血管カテーテル治療学会
歴代理事長
第一代 延吉正清(小倉記念病院) 第一代 延吉正清(小倉記念病院)
第二代 山口 徹(虎ノ門病院) 第二代 光藤和明(倉敷中央病院)
第三代 玉井秀男(草津ハートセンター) 第三代 木村 剛(京都大学医学部付属病院)
第四代 一色高明(帝京大学医学部付属病院)
日本心血管インターベンション治療学会
歴代理事長
第一代 一色 高明(帝京大学医学部付属病院)
第二代 木村 剛 (京都大学医学部附属病院)
第三代 中村 正人(東邦大学医療センター大橋病院)