更新における救済措置

2021年度更新留保 対象者

  • 認定期間が2016年4月1日~2021年3月31日迄(救済措置により~2022年3月31日迄)のITE資格保有者
  • ※ 新型コロナウイルス(COVID-19)の蔓延に伴い、2020年が該当するITE更新予定者(更新留保者含む)は更新年度が1年後ろ倒しになっております。ご自身の認定期間を必ずご確認ください。

申請条件

心血管インターベンション技師(ITE)制度細則 第9条より抜粋

  1. 資格取得後、海外留学、僻地医療に従事、傷病、妊娠、出産、育児などにより、一定期間カテーテル業務に従事できないために、資格更新に必要な単位の取得や心血管カテーテル業務の経験数の維持が困難な場合には、資格更新時に定められた様式を届け出ることにより、審議会での審査で認められた場合は、その期間分を留保期間として救済することができる。)
  2. 4項で記載する「一定期間」とは、最大4年間で、年単位での申請とし、10ヶ月以下の申請は認めない
  • ※ 研究業績単位の取得不足や、スキルアップセミナーの未受講による更新条件不足での留保は認められません

申請書について

以下より申請書をダウンロードし、必要事項をご記入ください。
提出の際には申請書の他に「インターベンションを離れていたことを証明する書類」が必要となります。

申請方法と申請期間

申請期間:2021年12月1日~2022年1月31日迄
提出方法:必要書類をPDFにして、CVIT事務局までメール添付にてご提出ください。
提出先:CVIT事務局( ITE@cvit.jp

お問い合わせ

ご質問・ご不明点等ございましたら、メールにてお問い合わせください。
CVIT事務局 ITE担当
ITE@cvit.jp