看護師認定制度・技師認定制度

  1. 【看護師認定制度】Intervention Nursing Expert(INE)
  2. 【技師認定制度】Intervention Technical Expert(ITE)

Intervention Nursing Expert(INE);
インターベンション エキスパート ナース

日本心血管インターベンション治療学会は日本インターベンショナルラジオロジー(IVR)学会と合同で、2013年3月開催の試験より看護師認定制度 Intervention Nursing Expert(インターベンションエキスパートナース)を開始致します。IVR学会にてこれまで行われていた看護師認定制度に心臓領域を加え、新たな制度として看護師の地位向上のために運用して参ります。

看護師の方々の積極的なご参加をお待ちしております。

講習会のご案内

お申込みや詳細はこちらを御確認ください。2015年度INE試験受験には講習会の受講が必須です。

Intervention Nursing Expert(INE) お問い合わせ先

ご不明点等ございましたら下記事務局までお問い合わせください。

日本IVR学会 事務局

住所:〒355−0063 埼玉県東松山市元宿1-9-4 ハイムレグルス1階
TEL:0493-35-4250 FAX:0493-35-4236
Mail:office@jsivr.jp

Intervention Technical Expert(ITE);
心血管インターベンション技師制度

日本心血管インターベンション治療学会、独自の認定制度としてカテーテル室業務に従事する臨床工学技士、及び臨床検査技師を対象とした資格認定制度「心血管インターベンション技師制度(Intervention Technical Expert;ITE)」を2015年より開始致します。

心血管インターベンション技師制度(Intervention Technical Expert;ITE)

ご注意

看護師・診療放射線技師は資格対象外です。
看護師・診療放射線技師の方は下記資格制度がございます。

看護師制度

インターべーションエキスパートナース

診療放射線技師制度

日本血管撮影・インターベンション専門診療放射線技師

講習会のご案内

[終了]2021年度心血管インターベンション技師制度(ITE)講習会(e-ラーニング)

既に講習会をお申込みいただいた方で、e-ラーニングシステムログインについてのご案内メールが未着の方はCVIT事務局までご連絡ください。

2021年度心血管インターベンション技師制度(ITE)講習会より、e-ラーニングシステムにて受講いただくことといたしました。
以下の要領で配信いたしますのでご確認ください。

尚、受講にあたり、CVITへのご入会が必須となります。年会費の入金確認後に視聴可能となりますので、講習会受講ご希望の方は、お早めに入会手続きを行っていただきますようお願いいたします。

2021年度に実施する第7回ITE試験では、第8回講習会(2019年実施)と今回開催するe-ラーニングでの講習会(2021年実施予定)受講分が有効です。申請前に直近で過去2回開催された講習会のうちで1回以上講習会を受講できなかった方はITE試験の受験資格がなくなりますのでご了承ください。

本講習会はITE資格申請に必要な講習会です。 既に、資格をお持ちの方の資格更新に必要なスキルアップセミナーとは異なりますので、ご留意ください。

会名 2021年度/2022年度 ITE試験 申請対象
講習会(e-ラーニング)
開催形式 Web開催 (CVIT e-ラーニングシステム使用)
受講料 4,000円(税込) ※システム手数料が別途発生します)
受講条件 臨床工学技士および臨床検査技師 ※要CVIT会員登録
申込受付 受付を終了しました
受講期間 2021年7月上旬 ~ 9月30日 迄
申込から受講まで 詳細はこちら
受講マニュアル 詳細はこちら
注意点
  • CVITからの連絡は原則メールのみとなります。
    お問い合わせいただく際には、PCメールまたはWebメール(yahoo、Gmail等)にてお願いいたします。また、その際には「@cvit.jp」からのメールを受信出来るよう、ドメイン設定をお願いいたします。
    携帯アドレス(@docomo、@softbank等)ですと、受信出来ない場合がございます。
  • CVITご入会時にアドレス登録が必須です。登録アドレスは、PCメールまたはWebメールとなり、携帯アドレスでは登録できませんのでご注意ください。
  • ITE試験の受験には、「ITE講習会の受講履歴」と合わせ、『臨床工学技士または臨床検査技師としての職務経験が満3年以上であること(複数施設での勤務経験の合算が可)』が条件の1つです(心血管インターベンション技師(ITE)制度細則第2章第2条第4項による)。自身の職務経験年数と受験時期を踏まえた上で、ご受講をご検討ください。
問い合わせ先 CVIT事務局 ITE担当
ITE@cvit.jp

FAQ

5年間200症例は5年未満でもできるか。

200症例以上であれば5年未満の症例でも可能です。

勤続年数3年以上は他の施設の症例も含めることができるか。

技士としての経験が3年以上であれば含めて頂けます。

ラウンド業務は200症例に含められるか。

ラウンド業務はPCIに立ち会い、血管径の計測を行い、一緒に周りで血行動態等を把握し、より安全な環境設定を行うことを指し、この場合は治療に参加しているものとみなし、含められることになります。

2012年より勤務している場合は2015年3月の第1回試験の受験は可能か。

2015年3月時点では満3年となりませんため、第2回試験より対象となります。

試験受験にはいつまでに入会する必要があるか。

試験申請時までに入会申請頂く必要がございます。

Intervention Technical Expert(ITE) お問い合わせ先

ご不明点等ございましたら下記までお問い合わせください。

CVIT 事務局

日本心血管インターベンション治療学会

東京都千代田区神田神保町3-2 高橋ビル9階
TEL:03-3556-5062 FAX:03-3556-5063
Mail:info@cvit.jp

  • 会員サイトへ
  • 各種届出用紙・依頼書

入会・変更フォーム

入会申込や会員情報の変更を行って頂く入力フォームでございます。

  • 百人会議
  • アムジェン