最新情報(会告)

2017年04月10日

【報告】CVIT統合システム開発業者および今後のスケジュールについて

CVIT会員各位

システム選定小委員会
委員長 志手 淳也

総務委員会
委員長 華岡 慶一

2017年3月24日理事会にて「CVIT統合システムの導入」の件につき、以下の通り決議されましたので報告いたします。
本システムは事務局運営の基幹システムとなり、学会ホームページ、会員サイト、会員情報システムを連携し、一括管理を行います。セキュリティの強化がえられ、既存システムに、認定情報閲覧機能等を追加し、会員の皆様に必要な情報を随時提供することが可能となります。
開発状況は、随時ホームページに掲示いたしますので、ご確認ください。

選定経過

2016年01月12日 学会ホームページにて公募開始
2016年01月12日 説明会開催 2社参加
株式会社クイックス 株式会社マイス・ワン
《内容》要望事項の詳細について説明、質疑応答
2016年01月24日 提案書提出締切 提案2社
他は、要望事項の対応が難しいという理由から辞退
2016年01月31日 システム開発業者ヒアリング実施
《参加者》システム選定小委員会 志手淳也、上妻 謙、 山口淳一、中村正人理事長、総務委員会 華岡慶一委員長

選定結果

選定基準に則り、協議した結果、株式会社アーキテクタを選定理事会にて決議された。

《提案内容の要点》 両社ともに要望事項は全て考慮された提案であった

株式会社アーキテクタ
  • CVIT施設申請のシステム開発を担当した開発企業、セキュリティが専門で、データを取扱う開発を多く経験している
  • NCDの開発に携わる企業のため、専門医・認定医等の申請が連携できる開発が可能
  • 専門医、認定医、ITE、施設の申請と連動できる会員システム開発が可能
  • 登録済みデータも自動反映できる (取得単位、実績等) ※申請時の手間が会員、事務局双方で削減される
  • セキュリティもサーバー3台でデータ別に管理するため、外部攻撃対策も強化されている
※ 専門医申請のシステムを既に開発依頼している  (2017年6月実装)
株式会社クイックス
  • CVITのアンケートを依頼している企業、集会の演題登録、会員システム等の開発経験がある
  • ほぼカスタマイズで一から開発する提案のため、見積額が高額である
  • 会員管理システムはアーキテクタと同様の提案であるが、専門医制度に関連する開発はアーキテクタよりは劣る

開発スケジュール

CVIT統合システム開発スケジュールをご参照ください。

最新情報

  • レジストリー
  • 専門医認定医制度
  • 研修施設・研修関連施設
  • Boston Scientific
  • エナジーアシスト ユアヘルスケア(カネカグループ)
  • JRISTA 医師主導研究プログラム