最新情報(会告)

2016年12月01日

「血管損傷に対するゴア®バイアバーン®ステントグラフトワークショップ」のお知らせ

「医療ニーズの高い医療機器等の早期導入に関する検討会」において日本IVR学会が外傷性及び医原性血管損傷治療のためのステントグラフトの早期導入を要望し、平成28年2月15日にゴア® バイアバーン® ステントグラフト(承認番号:22800BZX00070000)が薬事承認され、承認範囲に外傷性または医原性血管損傷治療用途の適用が含められました。当該適用の承認に際してはその承認条件として適正使用指針の策定・遵守が求められ、本年8月、関連7学会により「血管損傷に対するゴア® バイアバーン® ステントグラフトの適正使用指針」が制定されました。

本適正使用指針の術者要件に定められておりますように、実施にあたっては企業の行う教育プログラムを受講していることが求められます。血管損傷治療において当該製品を使用される際は、日本ゴア株式会社により開催される「血管損傷治療用途に対するゴア® バイアバーン® ステントグラフトワークショップ*」を受講した上で、適切に治療されますようお願い申し上げます。

血管損傷治療用途に特化した内容となっております。浅大腿動脈の狭窄・閉塞治療用途に対するワークショップに参加済みの会員においても、血管損傷治療用途において当該製品を使用される際には本ワークショップの受講が必要となりますのでご注意下さい。

ワークショップ問い合わせ先

日本ゴア株式会社 メディカルプロダクツディビジョン
ワークショップ担当
E-mail: viabahn_ws@wlgore.com

最新情報

  • レジストリー
  • 専門医認定医制度
  • 研修施設・研修関連施設
  • Boston Scientific
  • エナジーアシスト ユアヘルスケア(カネカグループ)
  • JRISTA 医師主導研究プログラム