ITE 試験のご案内

第6回心血管インターベンション技師制度(ITE)試験

実施要項

以下の要領で、第6回心血管インターベンション技師制度(ITE)試験を実施いたします。 試験問題は、心血管インターベンション技師(ITE)講習会テキスト(第2版)から出題されます。

日時 2020年3月1日(日)13:00開場
13:30-15:00
会場 関東会場:TKP品川カンファレンスセンター バンケットホール8C
関西会場:TKPガーデンシティ東梅田 バンケット6A

申請要項

申請条件 CVIT心血管インターベンション技師(ITE)制度細則(第2章)より抜粋
(申請資格)
第2条 心血管インターベンション技師の認定を申請するものは次に定めるすべての資格を有するものとする。
(1)
臨床工学技士免許または臨床検査技師免許を有すること。日本心血管インターベンション治療学会専門医(名誉専門医を含める)、同認定医のもとで5年間に200例以上の心血管インターベンション治療補助経験を有すること。なお、この5年間とは別に定める資格試験日の申請日から5年間を遡るものとし、200例の治療補助経験の内、過半数の100例以上は冠動脈形成術の治療補助経験を必須とする。ただし検査は治療補助経験として含まない。
(2)
日本心血管インターベンション治療学会コメディカル会員であり、申請年度までの年会費を納入していること。
(3)
日本心血管インターベンション治療学会の心血管インターベンション技師講習会を申請前の2年間で1回以上受講していること。
※第6回ITE試験では、第7回ITE講習会(2018年8月5日開催)ならびに第8回ITE講習会(2019年9月22日開催)の受講分が対象です。
(4)
臨床工学技士または臨床検査技師としての職務経験が満3年以上であること。(複数施設での勤務経験の合算が可)
申請方法 『CVIT資格申請システム』によるファイルアップロード方式
申請期間 2019年10月11日(金)~11月15日(金)
申請書類
  1. 心血管インターベンション技師 新規申請書
  2. 経験症例証明書
  3. 証明者証明書
  4. 臨床工学技士もしくは臨床検査技師の資格免許証
  5. ITE講習会受講
※各種雛形は資格申請システムにログイン後、ダウンロードにてご取得いただけます。
受験料 6,000円 ※書類審査後、請求書を発送
認定登録料 2,000円 ※試験合格・認定後、請求書を発送
(心血管インターベンション技師制度細則 2019年3月22日改訂による)
入会手続き 非会員の方は2019年11月15日(金)までに入会手続きを行ってください。
会員の確認が取れない場合は、受験することができません。
申請後の流れ 2019年11月1日~ 審査
2019年11月中旬 受験料(6,000円)請求書発送
2020年2月中旬 受験票発送
2020年3月1日(日)試験実施
2020年3月下旬 合否通知発送

お問い合わせ

ご質問・ご不明点等ございましたら、メールにてお問い合わせください。
CVIT事務局 ITE担当
ITE@cvit.jp