ITE認定学会・研究会・研修会申請

心血管インターベンション技師(ITE)制度では、以下のとおり、CVIT認定技師の資格更新単位を取得できるITE認定学会・研究会・研修会の認定を行っております。

(以下細則抜粋)

第4章 認定の更新

(認定の更新)
第9条 心血管インターベンション技師認定の更新を申請するものは次に定めるすべての資格を有するものとする。

(1)
日本心血管インターベンション治療学会コメディカル会員であり、申請年度までの年会費を納入していること。
(2)
日本心血管インターベンション技師(ITE)スキルアップセミナーを5年間に8講座受講していること。なお、8講座中4講座は座学を必須とし、残りの4講座は座学及びe-ラーニングいずれでも可とする。
(3)
認定期間(5 年)内に、日本心血管インターベンション技師審議会が認定する学術集会・関連学会・研究会にて所定の単位数(50単位)を取得すること。
(4)
各学術集会等の単位数について
【30単位】
  • 日本心血管インターベンション治療学会年次学術集会に発表・座長として参加
【20単位】
  • 日本心血管インターベンション治療学会年次学術集会への参加
  • 日本心血管インターベンション治療学会誌への投稿・掲載
【15単位】
  • 日本心血管インターベンション治療学会 地方会に発表・座長として参加
【10単位】
  • 日本心血管インターベンション治療学会 地方会への参加
【5単位】
  • 以下の関連学会(地方会を含む)、講習会、ライブデモンストレーションへの参加
    日本循環器学会
    日本心臓病学会
    日本冠疾患学会
    日本脈管学会
    日本血管内治療学会
    日本IVR学会
    日本画像動態学会
    日本臨床工学技士会
    日本医学放射線学会

    掲示されていない集会等については申請に応じて別途審議の上決定する。なお、申請にあたってはプログラム内に臨床工学技師・臨床検査技師に対するコメディカルセッションが組まれていることを必要とする。

ITE 認定学会・研究会・研修会申請提出書類

  1. ITE認定学会・研究会・研修会認定申請用紙

    主催者は開催3ヶ月前までに、日本心血管インターベンション治療学会 コメディカル委員会宛てに申請用紙を提出してください。

  2. 申請学会・研究会・研修会プログラム(PDF形式にてご提出ください)
  • ※ メーカー主催のライブデモンストレーションは、申請対象となりません

終了報告について

認定以降、会合の終了ごと、終了1ヶ月以内に終了報告書を提出してください。

提出先

CVIT事務局:ITE事務担当
メールアドレス:ITE@cvit.jp