申請要綱、申請方法

専門医認定医制度資格更新単位取得
ライブデモンストレーション 申請要綱

日本心血管インターベンション治療学会(以下、CVITとする)による専門医認定医制度資格更新単位を取得できるライブの認定を得るためには、「日本心血管インターベンション治療学会専門医認定医制度資格更新単位取得ライブ認定申請書」(以下、認定申請書とする)に、必要事項を記入し、ライブ教育委員会の審査を受ける必要があります。

認定基準

  1. 事前配布するライブ案内状を、開催責任者の所属するCVIT支部のエリアに網羅して送付すること
  2. ライブ申請責任者(または実施責任者)がCVIT専門医、名誉専門医、名誉会員であること
  3. ライブ申請責任者(または実施責任者)の所属する施設がCVIT研修施設または、研修関連施設であること
  4. 全てのライブ中継施設がCVIT研修施設または、研修関連施設であること
  5. ライブ中継施設は、自施設の倫理委員会の承認を得ていること
  6. ライブの術者はCVIT専門医または名誉専門医、名誉会員であること
  7. 通常のPCIのインフォームドコンセントの他に、ライブデモの特殊性を考慮したインフォームドコンセントの書式があること※
  8. ライブ終了後1ヶ月以内に、CVITのライブ教育委員会までライブ終了報告書を提出すること
    終了報告書が未提出のライブは次年度の申請は認められません
    • ライブ中の合併症の有無(死亡例を含む)についてライブ終了報告書に記載しCVITのライブ教育委員会まで報告すること
    • 参加登録者人数をライブ終了報告書に記載し、報告すること。参加者は次の3カテゴリーに分けてすること
      メディカル、コメディカル、企業関係者(その他を含む)
  9. ライブ症例で問題があり、報告すべきであると判断された場合はライブ教育委員会に報告すること

申請から認定まで

  1. 認定申請書をダウンロードして、必要事項を入記する
  2. 認定申請書とともに、次の4点を原則として1ヶ月前までに申請すること
    送付資料1)ライブ案内状(アナウンスメント)
    送付資料2)ライブ案内状送付先一覧(送付施設名一覧)
    送付資料3)倫理委員会承認書(写)1部
    送付資料4)ライブデモの特殊性を考慮したインフォームドコンセント※(写)1部
  3. 認定申請書と資料をライブ教育委員会に送付し、受理された後に開催されるライブ教育委員会の審査を経て認定される
  4. 認定されたライブには、認定可否の連絡とともに、取得単位点数が通知される
  5. 認定されたライブは、参加証(ネームカード)表面に、「CVIT専門医認定医制度資格更新単位 ライブデモンストレーション ○点」と記載すること。(更新時には、単位点数を印刷した参加証がないと認定されないので、参加者に申請時まで大切に保管してもらうよう案内すること)
  • ※ ライブデモの特殊性を考慮したインフォームドコンセントとは、①ライブの意義、②放映されるということ、③ライブ会場とのデスカッション等があり、通常の治療とは様子が異なること、④実際に治療する医師が異なる場合があること、⑤デスカッションの結果、治療戦略の変更がありうることなど、ライブの特殊性を十分に説明し、患者とその家族の理解と協力が得られていることがわかるものである。

取得可能点数

半日(3時間以上)~1日=1点
2日以上=2点

  • ペリフェラルのみのライブデモンストレーションは認定対象外とする
  • ビデオライブデモンストレーションは認定対象外とする
  • 前日のサテライトセッションは、日数計算に含まれない
  • ライブデモンストレーションを伴う学術集会の場合は、ライブデモンストレーションが行われる日程のみで計算する
  • メーカー主催のライブデモンストレーションは、申請対象とならない

認定申請

ライブ教育委員会ではライブデモンストレーションに関する指針を定め、その指針に従い専門医認定医制度資格更新単位を取得できるライブデモンストレーション(認定ライブ)の認定を行います。(ライブ指針

申請書類

1)申請書
  1. 専門医認定医制度資格更新単位取得ライブ認定申請書
  2. 専門医認定医制度資格更新単位取得ライブ認定申請書 術者情報
2)添付書類
  1. ライブ案内状
  2. ライブ案内状送付施設名一覧
    ※ CVITで宛名ラベルを購入済みの場合は「宛名ラベル作成依頼用紙(写)」で申請可
  3. 倫理委員会承認書(写)
  4. 患者同意書(写) CVIT認定ライブ患者様同意承諾書(ひな型)
  • ※ ライブ術者として認められるのは、CVIT専門医、名誉専門医、名誉会員のみと2016年11月20日の理事会で決定いたしました。
    2016年11月20日以降に認定されるライブでは認定医の承認はいたしませんのでご注意ください。

申請締切り

主催者はライブ開催1ヶ月前までに、日本心血管インターベンション治療学会 ライブ教育委員会宛てにすべての申請用紙を提出してください。

終了報告書

終了報告書

終了後1ヶ月以内にライブ終了報告書に記載し、ライブ教育委員会まで報告してください。
提出がない場合、次年度は認定されませんのでご留意ください。

提出先

〒101-0051 東京都千代田区神田神保町3-2 髙橋ビル9階
一般社団法人 日本心血管インターベンション治療学会
ライブ教育委員会 宛

バーコードリーダーの貸出について

専門医認定医制度審議会、理事会にて、専門医認定医制度資格更新管理の一環として、リアルタイムで取得単位(参加点)の電子化を図るため、バーコードリーダーを活用し、効果的かつ効率的に取得単位(参加点)の管理を実施することが決定いたしました。
主催者のみなさまにおかれましては、バーコードリーダーの導入にご協力賜りますよう宜しくお願い申し上げます。
貸出しについてはこちらから。